>

環境問題を考えるならゼロエミッションを知ろう

車関連の業界が取り組むゼロエミッション

自動車のゼロエミッションは身近

交通の便が発達していない、または住んでいる地域によって車は1人1台の必須アイテムですが、その自動車業界もゼロエミッションに取り組んでいます。
自動車が排出する二酸化炭素は、気温を上昇させる作用があり二酸化炭素が過剰に排出される事で、気候に変化をもたらします。現に世界各国で砂漠化やハリケーン、集中豪雨など多くの災害が起きているのも二酸化炭素が原因になっていると考える方もいます。
人間が酸素を取り込み、二酸化炭素にして排出するのは仕方ないにしても出来るだけ二酸化炭素を減らす事が、自動車業界が行うゼロエミッションです。
多くの企業が出している電気自動車も、二酸化炭素を排出しないのでゼロエミッションに関わっている製品です。

需要と配給のバランスが心配

今後更に需要を伸ばしていくといわれる電気自動車ですが、確実に明るい未来とは限りません。
まずこのタイプはガソリンを使わない代わり、電気の力を使っています。その為こまめな充電が必要でそのバッテリーチャージの場がまだまだ少ないと指摘されています。自宅にチャージャーを作ったとしても、その分電気代がかさみ、結局のところゼロエミッションに貢献しても家計に負担が来ては意味がありません。
自宅に太陽光パネルを設置すれば、おおよその問題は解決しますが導入にコストがかかりますし施工など時間や手間がかかるのも事実です。設備を整える為に低コストで多くの方が利用出来る様な設備を作る事が、自動車業界のゼロエミッション課題といえます。


この記事をシェアする