>

環境問題を考えるならゼロエミッションを知ろう

ゼロエミッションとは?簡単に説明!

工場や生産業でやっているゼロエミッション

企業といっても様々な業種があり、その中でも国内に多いのが工場や製造業です。これらの業種は世界でも注目されていて、精密機器を始め様々な製品が生産されています。
しかしこれらの製品を作る際に出てしまう廃棄物は、処分するのにもコストが発生します。また正当な処分をしても少なからずダメージを与えしまう事が多く、それに対して取り決められたゼロエミッションが「廃棄物をリサイクル(資源化)する」という物です。
自社、委託は企業によって異なりますが、廃棄物を安全な方法で分別して再利用する事で最終的に処分する廃棄物を減らせます。場合によっては中国を含むアジアに取引を行い、他国でリサイクルする方法もあり注目を浴びています。

どこまでミクロに出来るかが課題

ゼロエミッションに取り組んでいる全ての企業にいえる事ですが、今後の課題は「どれだけ排出をミクロに出来るのか」というポイントです。工場・生産業の場合は廃棄物の処分量を低くするだけでは無く、効率的な方法が求められてきます。現時点でガラスや陶器、金属の廃棄物がほとんどを占めていて、これらをどうリサイクルしていくかが問題になります。
現在取り組みをしている企業の一例では金属のくずを鋼材原料としてリサイクルしたり、ガラス陶磁器の廃棄物を建材メーカーへ戻して再利用したりしています。他にも木くずや汚泥はチップにして製紙にしたり、汚泥をセメントの原材料にしたりする取り組みも始めています。近年ではリサイクル専用の工場も多く建設されています。


この記事をシェアする